自分「席どうぞ」 おじいさん「いやこちらをどうぞ」 小学生「おれのもどうぞ」

292: 名無しの心子知らず 2007/09/27(木) 11:13:21 ID:6NAALF88
バスに乗っていた時の事。
停留所から目の不自由な人が乗ってきたので、赤ちゃんと2歳の子を連れて一人がけに座っていた私は、その人に「ここ、空いてますよ」とすかさず席を譲った。

するとそれを見ていたおじいさんが「自分は立っているのが好きだから、どうぞ」と席を譲ってくれた。
するとそれを見ていた小学生の男の子が「俺も立っている方が好きだから」と言って席を譲った。

連鎖現象wwと思ってほんわかしていたら、バスを降りる時、同年代の女性が「私は荷物持つのが好きなのよ」と荷物を持ってくれた。
するとまたまた一緒の停留所で降りるおばちゃんが「おばちゃんは子どもが好きよ」と言って、上の子を抱っこして降りてくれた。

みんなニコニコ笑っててなんかホントいい雰囲気だった。嬉しかったなぁ。
293: 292 2007/09/27(木) 11:29:59 ID:6NAALF88
もうひとつ。
子どもをつれて公園に行ったときの事。
ちょっと休憩しようと思いベンチに座っていたら、まだ小さかった娘の足がいつのまにかベンチの隙間に挟まっていた事に気がついた。

なんとか抜こうとしても抜けなくて困っていたら、異変を察知した60代の女性が「どうしたの!?今、警察呼んできてあげるから待っててね!!」とすぐ走ってくれた。
他にも後から後から「足を冷やして」とハンカチを濡らして持ってきてくれる人とか「足に塗ったら抜けるかも知れないよ」とハンドソープを持ってきてくれる人やら、買い物帰りだったのか、買ったばかりのサラダ油を持ってきてくれた人もいた。

娘の足はうっ血しちゃって、やっぱり抜けない。
頭真っ白で慌てていたら、外国人の屈強な男3人がそれを見かけて駆けつけて来た。
はじめは鉄の棒?みたいなものでベンチの隙間をこじ開けようとしたのだけど抜けない。

子どもはただならぬ雰囲気にとうとう泣き出してしまった。
するとその男の人たちは最後に素手で「うあああああああ!」という気合と共にベンチを壊す勢いで、娘の足を外してくれた。
まるで火事場の馬鹿力みたいな勢いのお陰で助かったのだけど、赤の他人の娘の為にここまで頑張ってくれたなんて、思わず涙が出てしまった。

あの時の事は本当に忘れられません。
今でも時々思い出して、ありがとうって心の中で言っています。
294: 名無しの心子知らず 2007/09/27(木) 16:20:54 ID:tIrrh508
どっちもいい話!
助けてもらえてよかったね。
325: 名無しの心子知らず 2007/10/22(月) 20:25:48 ID:a6rGsb+Z
そんな街に、私も住みたい。
子供も素直な良い子に育つだろうな
295: 名無しの心子知らず 2007/09/27(木) 17:42:26 ID:Ft4fJwGb
なんて良スレ…(ノω・、)

おすすめ記事

コメントの反映に時間が掛かる場合がございます。反映されない場合は連投せず、しばらくお待ちください。

なごみ・笑い・幸せ・泣ける カテゴリーの最新記事