おじちゃん「この着物は合うだろうか?」 私「ちょっと待ってね」 → 店員に許可を貰って羽織らせてみたら

2020年01月06日 外国人 0
和む外国人
678: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)21:27:16 ID:oxUOXjO6v
骨董市に行った時。
着物のお店で品物見ていたら、小柄でまるっとした欧米のおじちゃんがやってきて、茶色の素敵な男性用着物を手にとって私に英語で話しかけてきた。

「この着物は自分のサイズに合うだろうか?」

多分、私が着物だったのでお店の人と間違えたんだと思う。
お店の女性に聞いたら泥大島だった。

許可を貰って、おじちゃんに羽織らせてみたら、少し裄が短めくらいで身幅も身丈もぴったり。
羽織がセットになっていたから、少し肩を落として着たら裄も気にならない。
おじちゃんの顔がぱあああって笑顔になった。
「欲しい!」と即効買おうとするので少し待ってもらい、お店の女性と一緒に汚れなど無いかチェック。
新古品だったのか、仕付けのついた綺麗な状態で一安心。

ついでに少し交渉した結果、帯をおまけに付けてくれることになったのを伝える。
おじちゃんの笑顔が更に輝いて溶けそうだった。
何度もお礼言われて照れたよ。
長襦袢がぴったりのはなくて、裄が短いのになったのが心残り。
着付けはインターネットで調べると言ってた。
大事そうに着物の入った袋を抱えていて、物凄く和んだ。

後で、のお店で奥さんらしき人一緒にいるのを見かけた。
袋帯数本抱えてたけど、あれ全部買ったんだろうか?

骨董市は和む光景沢山見れるね。
693: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)00:23:50 ID:detWIatY1
長襦袢が短いのは大丈夫じゃね?長着が短いとツンツルテンだけれども。
楽しんでくれれば何より、だと思う。
697: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)06:55:17 ID:TvGUj44Xm
骨董市で着物買うとはかっこいいな
気に入ったものがあってなにより
泥大島か、お目が高いな

おすすめ記事

コメントの反映に時間が掛かる場合がございます。反映されない場合は連投せず、しばらくお待ちください。

外国人 カテゴリーの最新記事