家にカメラ仕掛けたら妻と親父が…

何を書いても構いませんので@生活板
763 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)21:52:20 ID:FeQ
今年の正月に親父が死んだ。
正月に警察から死んだと連絡がきたんだ。親父は2年ほど前に行方不明になっていた。
原因は俺の妻(もう元がつくけど)と親父の浮気が俺にばれたから。。

なんでわかったかというと、俺の車で親父と妻が遠出をして、スピード違反に引っかかったからだ。
最初警察署から連絡があって、写真を見せられたんですがその写真に2人が写っていたんです。
日時は妻が同窓会に出ると言って実家に帰ると言っていた日でした。
そしてその写真が撮られた場所が、まったくの反対方向。

俺の親父はいわゆる女ったらし。死んだお袋も結婚してから泣かされ続けてた。
俺は姉に相談しました。
姉は「怪しい、調べたほうがいい。女に関してはどんなことがあってもおかしくない。」
そう言いました。

俺は離婚した友人に相談をして、興信所を教えてもらいました。
763 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)21:52:20 ID:FeQ
結果はひどいものでした。
俺が仕事に行ってる間にほぼ毎日のように俺の家に来てた。
興信所に頼むまでもなかった。
家にカメラ仕掛けたら撮り放題だったよ。
居間と寝室に仕掛けたんだけどさ、ソファで妻に〇ナニーさせてなめたり、もうどこのAVですかと。

とにかくもう気持ち悪くて一刻も早く離婚しようと思いました。
結局夜眠れないし食えないしで、職場で倒れてしまった。
上司は俺が日に日に痩せていくので、何か悩みを抱えているのではと心配をしてくれていたのだが、とてもじゃないが妻と親父が浮気してるなんて話せなかったんだが、結局病院で上司に話してしまった。
上司は親身になってくれて、会社の顧問弁護士と連絡を取ってくれて、同じ事務所で離婚を得意にしているという同僚の弁護士を紹介してくれた。

俺は妻に話をする勇気がなくてというか、何をするのか自分でも自信がなくて、全てを弁護士に任せた。
妻からの電話は一切自分ではとらないでいいということだったので、メールを読まずに弁護士にそのまま転送していた。
弁護士は興信所の報告書と、家でとれた動画の一部を妻に見せ俺には直接連絡をしないように話をつけてくれた。

父には連絡がつかなかった。
妻から連絡が言ったのだろうと思うが、姿を消していた。
俺や姉と顔を合わせられなかったんだと思う。
結局妻からは慰謝料を200万と財産分与なし、今後連絡を取らないとの約束をし離婚を成立させました。

妻は最初は親父に無理やりされて、その後ずるずるとと言ってたけど、親父が失踪したこともあって結局なぜ親父と妻が浮気をすることになったのかわからないまま終わった。

その後、嫁とは一切接触がありません。
風のうわさでは、ずいぶん年上の子連れの男性と再婚したそうです。
妻の実家は地域では名家といわれる家で、すでに弟さんが結婚して跡を継いでおり、離婚した出戻りの長女は体裁が悪く居場所もなかったのだろうと思います。

父は、その後ホームレスをしていたとうわさを聞きましたが、事実だったのかどうかは知りません。今年の正月になって木賃宿とでもいうのか、日雇い労働者が日銭で泊まる様なところで死んでいたそうです。

結局お骨は引き取らなかった。
こんな親父をお袋と同じ墓に入れたくなかったからだ。それは姉も同じだった。
俺の気持ちの中では決着がつかないままだ。
763 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)21:52:20 ID:FeQ
結局妻からは慰謝料を200万と財産分与なし、今後連絡を取らないとの約束をし離婚を成立させました。

妻は最初は親父に無理やりされて、その後ずるずるとと言ってたけど、親父が失踪したこともあって結局なぜ親父と妻が浮気をすることになったのかわからないまま終わった。

その後、嫁とは一切接触がありません。
風のうわさでは、ずいぶん年上の子連れの男性と再婚したそうです。
妻の実家は地域では名家といわれる家で、すでに弟さんが結婚して跡を継いでおり、離婚した出戻りの長女は体裁が悪く居場所もなかったのだろうと思います。

父は、その後ホームレスをしていたとうわさを聞きましたが、事実だったのかどうかは知りません。今年の正月になって木賃宿とでもいうのか、日雇い労働者が日銭で泊まる様なところで死んでいたそうです。

結局お骨は引き取らなかった。
こんな親父をお袋と同じ墓に入れたくなかったからだ。それは姉も同じだった。
俺の気持ちの中では決着がつかないままだ。

おすすめ記事

コメントの反映に時間が掛かる場合がございます。反映されない場合は連投せず、しばらくお待ちください。

家族・親族トラブル カテゴリーの最新記事

理不尽・胸クソ・不幸・切ない カテゴリーの最新記事