爺「じゃあなぜ俺と結婚したんだ?」 婆「うるさいうるさいうるさい!」

598 : 名無し三等兵 2009/02/03(火) 18:54:38 ID:rijWDDB8 BE:1470852285-2BP(0)
戦時中ではなく現在の話だが。

近所の老人ホームに老夫婦がいるんだが、知り合った場所は大阪城の通信所でした。
また結婚に至った出来事は、大阪空襲の時に爺さんが命がけで婆さんを守ったことでした。

そして普段はうるさいくらい話まくる夫婦なんだが、ある日、お互いに目を合わさず、指でモールスを打ち合いながら会話していた。
同じホームの爺さんに聞くと話したくない!顔も見たくない!と言う理由でそうしていたそうです。
そして会話の内容ですが、横須賀の元通信兵によると…

爺「大体お前は昔からそうだった!大阪空襲の時、お前を助けるんじゃなかった。背中の傷が今でも痛い!」
婆「あなただって、空襲の時いきなり手を引いていくから手ごめにされると思ったわよ!!」
爺「じゃあなぜ俺と結婚したんだ??お前から言ってきたんだぞ。」
婆「うるさいうるさいうるさい!!」(ここは肉声で)

肝心の喧嘩の理由は爺が勝手に海外旅行に申し込んだことでした。
599 : 名無し三等兵 2009/02/03(火) 20:52:23 ID:???
犬も食わねw

おすすめ記事

602 : 名無し三等兵 2009/02/03(火) 22:00:40 ID:gL3nhZFG BE:992825093-2BP(0)
婆さんは当時お嬢様学校の大手前女学校の生徒で、当時は萌え萌えの美少女だったらしい。
何でも初勤務の時「皆様 ごきげんよう」とあいさつしながら通信室に入ってくるお嬢様だったそうです。
しかし耳だけは異常に良くノイズだらけの音の中から正確にモールス信号を聞き取れたので重宝されたらしい。

そして爺さんは婆さんを守るために自分の背中を血まみれになりながらも守り地下壕に案内したそうです。
604 : 名無し三等兵 2009/02/03(火) 23:06:09 ID:???
ノロケの一種としか思えないww
606 : 名無し三等兵 2009/02/03(火) 23:37:54 ID:???
そこまでされちゃあバアちゃんも結婚してと言うしかないよな
ジイちゃんもひそかにバアちゃんのこと狙ってたんだろうけどw
607 : 名無し三等兵 2009/02/04(水) 00:20:43 ID:???
昔:いきなり手を引き防空壕へ
今:いきなり海外旅行申し込みへ

爺さん昔と変わらんのだなあ
いつまでも達者でいて欲しいわw
610 : 名無し三等兵 2009/02/04(水) 11:35:17 ID:???
モールスで喧嘩できる夫婦とかそうそういないなw
608 : 名無し三等兵 2009/02/04(水) 00:22:06 ID:pAPqSQsX
つまりモールス覚えたらお淑やかな美人と結婚できるというわけか

おすすめ記事

コメントの反映に時間が掛かる場合がございます。反映されない場合は連投せず、しばらくお待ちください。

なごみ・笑い・幸せ・泣ける カテゴリーの最新記事